■■ 2010年頃のお話になります ■■


◆「はじまり」から読む

◆第一章◆1:仕事辞めようと思った事は?

◆第二章◆1・ダンナを知る




11・仲間に入りたい の続きです


ダンナの離職前の就業時間は


朝9時~朝4時5時 くらい。(ん?朝から朝まで??)


個室に籠ってやってるので、


仕事してるのかテレビ見てるのか


起きてるのか寝てるのか


全く分からない状態。







効率悪い仕事のやり方だと指摘しても


本人が変えようとしないので、ずっと変わる事はありませんでした。





そんな過酷(?)な生活がずっと続いていたので


114


と提案してみたところ





115


とのお返事が。





そっか。


本人がそれで良いなら、すぐ転職活動してもらおうかな。





と思っていたけど




116

















117



離職時は半袖だったけど、長袖の時期になっちゃったよ?













あの頃の自分に言いたい・・・







「気長すぎるやろ!」









■■ 今回の件で分かったこと。 ■■

【ダンナの性格】

・危機感がない。


【串子の反省点】

・自身の仕事の忙しさにかまけすぎた。

・その結果3ヶ月も経過してしまった。






二人共ダメ・・・






→13へ続きます


ダンナ、クズだな・・・と思ったらコチラ→いい所もあるよ(現在のダンナ)


ranking1


ranking2





ブログの更新通知が受け取れます(^0^)







LINEスタンプ2種類作ってます(*・ω・)ノ
LINEスタンプ宣伝アイコン