■■ 2010年2月頃のお話しになります ■■


◆「はじまり」から読む

◆第一章◆1:仕事辞めようと思った事は?

◆19:異変 の続きです





私の泣き声を聞いて、慌ててダンナが部屋から出てくるのがわかりました。


[漫画]ダンナ様は安月給-限界
[漫画]ダンナ様は安月給-限界
[漫画]ダンナ様は安月給-限界

私が言いだした転職

それに向けて頑張らないといけないこと。

苦しくても、我慢しないといけないこと。



全部、わかってるんです。

納得してるんです。ちゃんと。




でも

引きこもり生活で、そのストレスを上手く外に出せず

八つ当たりの相手はダンナしか居ませんでした。



言っても仕方ない事で、相手を傷つける。

後悔して、でも素直に謝れなくて自分も傷つく。



もう、限界

本当に地獄でした。。。




人と話さない、話せない、話す相手が居ない

淋しかったなぁ




この頃の気持ちは、この辺りかな~

→友達が欲しくて




この時期は新型インフルエンザが大流行

ますます の ますます に引きこもってました。


今思い出しても、泣けてくる・・・



→21へ続きます

ranking1


ranking2





ブログの更新通知が受け取れます(^0^)







LINEスタンプ2種類作ってます(*・ω・)ノ
LINEスタンプ宣伝アイコン