以前、時間が経った染みを取る


と言う記事を書いたのですが


今日は別バージョンをご紹介します。


枚数が多い場合に私はコチラの染み取りをやっています。




姉から回してもらったショウのお下がりですが


染み取り


綺麗に洗濯しても、ミルクの吐き戻しなどの染みが


時間が経って出てくる事がありますよね。


ボロではないのに買うのはもったいない。


でも、シミの濃い服を着せるのは可哀想かも。


てことで、染み抜き!






必要な物は



粉せっけん

※粉末合成洗剤 ではなく、粉せっけんです。





酸素系漂白剤



以前の染み抜きでも使用しました




ステンレスかホーローの鍋


アルミ鍋は使えません。

アルミを使うとアルカリで腐食をおこし黒く変色するようです。

衣類の場合は↑の様に、ちょっと深めが良いかと思います。

私は使わなくなった圧力鍋を煮洗い用に使用しています。




トング


菜箸や割りばしでも良いのですが

水分を含んだ服って重いので、箸が滑って鍋に落として

お湯が飛んで熱い思いをした事があるので・・・

100均でも色んな種類のトングがありますよ



洗面器


ゴム手袋(あれば)






やり方です

染み取り2

お水は並々入れると、洗う物を入れた時こぼれてしまうので8分目くらいにしています。



洗剤の量は

水1Lに対して粉石けんを小さじ2杯くらいが目安とか。

私はいつも大体で。。。(ズボラ)





鍋を火にかけて洗剤をよく溶かし、温まってきたら洗濯物を入れます。

染み取り3


中火(~弱火)で煮ます

浮いたりするので、お湯の中に汚れ部分が浸るように沈めたりします。

吹きこぼれに注意してください。




染み取り4



熱いので、少し冷まします。


(私は手荒れがヒドイので)ゴム手袋をして洗濯物を水ですすぎます。


落ちが悪いかな?と思ったら固形せっけんで少しゴシゴシ。


その後、洗濯機で洗剤なしで普通の洗濯コースで洗います





染み取り5


落ちました(^0^)






この日は服5枚+ガーゼやタオルを煮洗いし


くすんだガーゼが真っ白になり


子供の袖口の鉛筆汚れ?もキレイになりました。

(袖口だけお湯につけて煮ました)




煮洗いは熱湯を使うので、生地に負担がかかります。


丈夫な綿や麻素材なら良いのですが


デリケート素材や(ポリエステル素材の入った服も)


色が濃いもの(色落ちします)は


避けた方が良さそうです。


自己責任でお願いします




前回紹介した記事 → 時間が経った染みを取る


よりも、私はこっちの方がラクかな


ranking1


ranking2





ブログの更新通知が受け取れます(^0^)







LINEスタンプ2種類作ってます(*・ω・)ノ
LINEスタンプ宣伝アイコン